火打山 ダイレクトルートが吉

火打山 ダイレクトルートが吉

日時:2020.3.1
メンバー:Yさん 筆者

コースタイム;

笹倉温泉01:30 – 火打山10:10  – 笹倉温泉11:40
合計 10時間10分

ルート図

装備

ウィペット アイゼン

行動食

ガッツギア8 カロリーバー6 菓子パン1

備考

・笹倉温泉までしか除雪してなく奥へのキャンプ場まではいけない
・基本のルートで登ったが沢を詰めるルートが下りを含めて効率的
・北面とはいえ昼前にはかなりグサグサ来ていたので、早めの出発でよかった

今回のハイライト
星が綺麗
絶対登頂する!という気持ちではなくただ眠い
満月だからってテンションは上がらない
今日の相棒は
モンタナで販売してます
まだまだ眠い
笹倉温泉を1:30に出た
北面大地を振り返る
前日まともに眠れなくて眠い
ようやく少し明るくなってきた
途中トラさんに追いつく
久しぶりマイブラザー
トラさんはダイレクトルートへ
がっつり急登
火打山舐めてました宣言を発表
火打山見えた!
行くしかない!帰ったら飲むしかない!
トラさんとスライド
気をつけて岐阜まで帰ってくださいね
あと少し
マンダム登頂
スキー履いてなくてすいませんその1
スキー履いてなくてすいませんその2
スティープラインを行く
カリカリでかなり興奮
転けたらやばい
こんな感じ
がんば!
テクニカルでも手こずる
流石のコントロール
うまい!
途中からパウダー
幸せパウダー
本当に良い 本当に良い
パウダー祭り開催中
下部は斜度がないけど
楽しい
マンダム
ここだけの話ダムダムだった
タマランンチ?
いやタマオ!
基礎スキーヤー
テクニカル
シュプール
我々二人とトラさん
最高の景色
帰りにイグルー跡発見
お疲れ様でした
ブレイザーツアー
最高の板でした。

先週は気温が高く山スキーへは行かなかったが、計画していた弓が洞の記録が上がっていてかなり楽しそうだった。
「しまった!」と思う気持ちも少しあったがゲレンデでも学ぶ事は多い、周りに流されない事が大切だと思う。

今週はピーカンが約束されていたので、昨年の雪辱の為に行くしかない!’頸城’ 狙うは火打・焼山両方である。
手応えがあるロングルートなので楽しみだ。

前日から頸城入り、なかなか熟睡できないが目をつむりだけでもいい。
夜中隣に車が止まる「ブオンブオン!!!!!ブワぁぁぁん!」とアメ車か?と思うぐらいのエンジン音だった、無論怖くて見る事ができない。
Yさん曰く1時前の事だった。

1時半前に準備を開始、隣の車を見ると・・・なんだトラさんか
高山のトラさんだった。トラさんの車は一目瞭然 まぁ普通の人は乗れない・扱えない・使う場所が限られる。 もちろんFR
普通の人はまず買う決心は出来ないだろう。
人間いろんな人がいるので憧れ・妬みばかりでもダメだよなぁ。

1時半に出発
すでに沢山のトレースがあるが、今日のものはトラさんのだけだ。
雪も硬いのでガンガン飛ばしていく、30分差のトラさんを追いかけよう。
野生動物がトラさんを追ってなんとかアマナ平らで捕まえる、大笠以来ですね!おはようございます。
トラさんは沢を詰め尾根から火打へ、我々はクラシカルなルートへ
沢ルートの方が効率的なのは知っていたが、以前使った事があるので今回はクラシカルなルートを選択した。
しかしこのルートアマナ平から北面大地までのコース取りが難しく、綺麗なラインが引くのが難しい。しばしば失敗してしまい、時間をロスしてしまった。

北面大地へ上がれば後はひたすら歩くだけ、最高の景色を見ながらピークを目指す。
ここからいろんなルートを見る事が出来る、例えばトラさんルートの入り口は少し急だなとか、我々の入り口は少し緩いなとか。

緩い入り口だと思っていたのだが入ってみたら上部は厳しい急登。
火打山舐めてましたと筆者が代表で宣言。

頻繁にトップを代わりながら登っていく、コンディションが悪い筆者は全然登れない。
Yさんありがとうございます。
ひたすらジグを切りやっと火打山が見えてきた、初めてみる火打山は白くてかっこいい。
今ごろ左手に伸びる尾根からトラさんは登っているのだろう。

火打山直下の尾根に着くとトラさんを発見、
まさにトラトラトラで昔の映画を思い出してしまった、今は平和だなと改めて思う。
トラさん曰く「沢は登りやすく早い」との事、筆者もそうかなぁと思っていたがやはりそうだった、YSHR先生がいくルートだ!良いに決まっている。
以前筆者が沢ルート行った時も先生の記録にさせてもらった。

トラさんとしばしお話をした、それにしてもモチベが高い。
さっさと斜面に消えていく、30分差を追いついて今度はこれかよ、まぁ仕方ない。
後はピークを踏むだけ、憧れの火打山!!!
色々あり、途中でスキーを脱いでアイゼン登頂。
山頂から見えるパノラマの景色 白馬八方尾根スキー場までくっきり見えました。
これが百名山火打山か! 今度は焼山へ行こう!

いよいよ滑走!北面斜面なので期待大、気温が高くなると予想されていましたがまだまだそんな感じはしない。
トラさんが行ったルートを滑る、最初はかなりの斜度!怖いが飛び込む!!
カリカリでまともにエッジが効かないが、なんとかコケないで滑る。
ある程度我慢すれば天国パウダーが待っていた。本当に素晴らしい雪質だった。

上部でスティープを楽しみ、途中パウダー、最後に景色を楽しむというなんとも贅沢なスキーとなった。
本当に頸城は素晴らしい。人生が2度あるのであれば若い頃から頸城でスキーをしたい。

北面大地から沢沿いに降りればあっという間に下れる。
早すぎて驚いた、もちろん雪崩の危険性はあるので注意が必要である。

笹倉温泉に戻ればまだ昼前
こんな満喫できるルートでも半日!マンダム!!いやマンダムダムダムだろう!という生意気な事は言わない方が良いだろう。

山スキー おすすめ装備

ウエア類

ベースレイヤー
山スキーでは歩きが多いので、登りで汗をかいてしまいますね。
そのまま標高が上がり寒くなると汗冷えしてしまい最悪低体温症になってしまいます。
このドライレイヤーを着用してからは本当に汗冷えが起きなくなりました。
絶対にオススメします。

バラクラバ
厳冬期にはバラクラバは必須です。
ネックウォーマーではしっかり顔をカバーできません。
ファイントラックの商品はゴーグルが曇りにくいように工夫されてあります。

グローブ
最近人気の防寒テムレス、値段も手頃です。
登山ガイドの方も使っている実績もあるので、安心してお使い下さい。ただ過度の信用は禁物です。

最近発売されたブラックテムレス。
袖から雪が入りにくいカフが新たに付いており非常に使いやすい。
余計なストレスを感じにくく使えるのでおすすめ。


最強のグローブ ブラックダイヤモンドのガイドです。
これを買えば厳しい寒さでも耐える事ができます。
手が冷えてしまうと本当に辛いですし、大きな怪我に繋がる可能性もあります。
五本指と三本指がありますが、三本指の方が寒さに強い。


インナーグローブ
インナーグローブにはBDを使っています。
つけ心地が良く特にストレスが感じませんが、手首周りが少し狭いです。

手汗が気になる方はファイントラックのパワーメッシュインナーグローブが快適性を保ってくれます。

ギア類

ウィペット
山スキー界ではもう一般的になってきたウィペットです。
筆者も普通のストックでも山へ行ってましたが今ではもうウィペットなしでは行けません笑
ビンディングの操作などでも非常に便利です。

ヘッドライト
標高が高い山はアプローチが長い場合暗いうちから歩き出すのでヘッドライトは必須です。
ヘッドライトの予備があれはGOOD. 信頼できるメーカーの商品を選びましょう。
壊れてしまうと一気に遭難してしまう状況もあります。


電熱線ゴーグル
これがあればバラクラバを鼻までかけても全く曇らないし、仮にラーメンを食べにいったとしても曇る気がしません。
難点といえば、モバイルバッテリーに接続しなければならないといった所であるが、内側の胸ポケットにバッテリーを仕込んでいれば簡単に接続できます。
曇る恐れがないし、非常に精神的に余裕が出てくるので、余計な注意力を削がれる必要もないのも良い点ですね。


その他

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) ゴールドラベル接着剤
弱ってきたシールの糊の上に塗ることで、粘着力を回復させる事ができる。
既存の弱った糊を剥がしても可能だが、手軽な方法として指にゴールドラベルを塗って
ヌリヌリすればOK。

スクレイパー
登り返しの時にシールを貼りますが、板に雪が残っているケースが多いと思いますが、このブラシがあれば簡単です
また凍った雪も固い部分を使って取ることができます。
下山後車に載せる前にも大活躍ですね。

 

手先が不器用なモンタナ君です。 モンタナスポーツの広報としてお手伝いさせて頂いております。 美しい雪景色をみながら自分だけのシュープールを描きませんか?