上州武尊山スカイビュートレイル2019

第6回上州武尊山スカイビュートレイル

種目:140.70.30

140kmに関しては日本屈指の難コースであり、全国から多くのエリートランナーが参加。

完走率も低く、多くのランナーの憧れにもなっている。

必携品リストも出ており

しっかりリスト通りの物を持っていないと失格になってしまう。

石川県からも有力なランナーが参加している。

2003 枝元 香菜子 選手 140km

前走の米子大瀑布では高村選手についで2位でフィニッシュ。

海外レースも多く経験し、出るレースではしっかり結果を残せるようになってきた。

日本のトップを目指す段階にまできている。

1089 木村 隼人 

UTMFを23位でゴール。

途中天候の為に中止となったUTMF、木村選手は上位の位置し

早めの時間帯でゴールテープを切ることができた。

石川県から埼玉県に活動拠点を移した。これからも素晴らしいパフォーマンスを期待したい。

1663 川口 純一 140km

osj山中80を完走

トレイルランは始めてまだ間もないが、尽きることのないモチベーションで

多くのレースに参加。

最近しっかりと結果もついてきた。

持ち前の明るさで多くのランナーより慕われる。

趣味は釣り

7031 村本 宗将 70km

山人マガジン むらっちこと村本選手。

前回富士登山競争について記事を書いてくれた。

信越五岳など過去にも多くのビッグレースの経験がある。

最近沢登りばかりしており、走る能力には疑問が残るが

しっかり走りきってもらいたい。

7179 上田 哲郎 70km

T2Rこと上田哲郎選手。

最近メキメキと実力を伸ばしている選手。

元々登山等をメインにしており、体力のある選手。

ジュピターRCに所属しており、マラソンでも非常に優秀。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です