スキー

【山スキー】医王山 ラッセルラッセル

前回に引き続きまたも医王山へ行ってきた。

2020.2.6
モンタナスポーツ社長が新しい板を買ったの事なので一緒に行くことに

見上峠に車を駐車。車で医王の里には行けそうにもない(この時点ではそう思っていた)
0640
医王の里に向かってラッセル。今日はポンツーン日和。
積雪は30cm程

0710
医王の里到着


社長の調子は良さそうだ。ブーツも丁寧に調整していたので、全く問題ない。
その道のプロなので当たり前と言えば当たり前なのだが笑

西尾平の積雪

0920
夕霧峠着


結構急いで登ったと思う。 やはりポンツーンでのラッセルに比べて社長の細板ラッセルは大変そうだった。
先頭を時々変わりながらのハイク、先頭で下から上まで行きたかったが、まだまだヒヨッコの筆者には無理である。
夕霧で80-100cmの積雪はあったのではないだろうか。
社長はさすが東京マラソンに出場予定なだけあって、年齢を感じさせない強さ。
年代別で上位を狙う素質はあると思うのだが・・・

避難小屋で休憩。


筆者が用意したカレーメシはなんと麻婆味である。


これが絶妙に美味い。ちょいと辛いが、そのくらいの刺激は歓迎である。
身体も温まるような気がするし。

今回はユニクロのウルトラライトダウンも試してみた。
普段はフリースを着ているが、ウルトラライトダウンならかなり軽量化できる。

感想:
やはりペラペラという印象は拭えない。ただインナーに使用するので十分かと
止まっているときは身体がすぐに冷えてしまうので、寒さ対策が必要。

ちなみにユニクロ以外にも多くのメーカーから似たような商品が出ているのでびっくりした。

休憩後アローザのゲレンデを確認する。
圧雪車が轟音を立てながら作業していた。営業準備だろうか、アローザもほとんど営業出来ていないので
今回の降雪を機にオープンできればいいなと願う。
アローザはナイターもあるので、非常にオススメ。
金沢からも45分もあればついてしまう程近い。

1000
いよいよ滑走、シールを剥いで林道へ
・・・全く滑らない。 当たり前か笑
ここの林道の斜度は緩いので、期待してはいけない。

ストックでひたすら漕いで進む。
登りのトレースの上を滑るのだが、滑らないので諦めるしかない。

 

医王の里付近でボーダーとすれ違う。
スノーシューで登ってきていた。 滑りはもともと期待していないそうでいい景色を見にに来たそうだ。
医王の里からの下りはそこそこ滑れた。

「なんか音聞こえん」と社長
確かに何かが聞こえる。除雪機?かなと思っていたら、なんとジムニーが林道を登って来ていた。
さすがオフロード車である。
西尾平まではいけるだろうが、夕霧峠まで行けるのだろうか。

1110
見上峠到着
社長お疲れ様でした。


道路には雪が全然ない。少し標高が違うだけでこれほど雪の量が違ってくる。
帰りに医王山スキー場をチェックして帰宅した。

人気記事一覧

1

以前よりどうしても行きたかったザクロ谷。 完全遡行はかなり難しいので、今回は上部のみ遡行にチャレンジした。 9月14日 金沢5:30 大日平登山口7:10 から牛の首9時 牛の首からは非常に簡単にザク ...

2

百四丈の滝に接近してみた。 水中の映像も撮れました。

3

岐阜県側から白山へ 平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。 ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。 魚なども生息してないでしょう。 今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさんと ...

4

先日焼山に挑戦したのだが惜しくも登頂出来なかった。 間違えてh=2260に上がってしまい敗退となった、後日友人よりジョニー君ピーク経由で焼山へ行ってきたとLINEが来た 全く私の名前がピークに付けられ ...

5

山スキーの記録を見ると素晴らしい景色を見ながら滑走するというイメージがあると思う。 もちろん嘘ではないし、素晴らしい斜面を滑ることもあるが山スキーの大部分を占めるのは登坂である。 暗い内からひたすら歩 ...

6

トレイルランナーがトラブルとなっているという記事を書いたのだが、ではどうすればいいのであろうか。  yamajinmagazine.comトレラン界の'ハイカー'という言 ...

-スキー

© 2020 Powered by AFFINGER5