信越五岳トレイルランニングレース 2019 〜パタゴニアCUP~ 男子110km 荒木選手 4位入賞

信越五岳トレイルランニングレース 2019 〜パタゴニアCUP~
開催場所

信越高原(新潟県妙高市、長野県長野市、信濃町、飯綱町、飯山市)

開催日

●100mile: 2019年9月14日(土)18時30分〜スタート

●110km: 2019年9月15日(日) 5時30分〜スタート

競技種目

●100mile(約160km)

●110km

制限時間

●100mile: 33時間(関門5ヵ所あり)

●110km: 22時間(関門3ヵ所あり)

募集定員

●100mile 500名 ●110km 600名

参加費

●100mile: 選手38,000円/ペーサー 10,000円 ●110km: 選手25,000円/ペーサー 8,000円(いずれも傷害保険料を含む)

プロデュース トレイルランナー 石川弘樹(TRAIL WORKS代表)

以上を見てもらえばわかると思うが、非常に厳しいレースである。

と同時に全国のトレイルランナーが目指す大会で、エントリーするのも非常に難しく出る事すら大変。

この素晴らしい大会に、石川県のランナーが上位で入賞してくれた。

110km男子

1位 西村 広和

2位 大瀬 和文

3位 浦野 裕之

4位  荒木 諒

 

荒木選手

見事 4位入賞。 本当におめでとうございます。

2年連続の4位です。

ただ一時3位で走っていただけに、悔しい結果とも言えます。

「いい訳はない、できる事はやった。これが今の実力」

と荒木選手のコメントでした。

男らしい荒木選手ならではですね。

膝を痛めてしまったようですが、それは一切レースには一切結果には関係ないとの事。

大きな舞台で素晴らしい結果を残してくれた荒木選手。

感動をありがとうございます。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です