DSCN2233
JHONNY HIROYA

JHONNY HIROYA

【沢登り】白山系 大白川 大白水谷

岐阜県側から白山へ
平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。
ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。
魚なども生息してないでしょう。

今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさん

6:30
白水湖駐車場出発
橋の手前にリボンがありました。
そこから入渓します。

6:40
入渓

「冷たい!」と声が出るほど水が冷たい。
気温も下がっており、そろそろウエットスーツが必要になってくるかもしれない。
今回泳ぎがない沢だったので無事だったが、泳ぎ系の沢へ行くのであればしっかり準備しなければならない。

岐阜県から白山へ登ったのは、山スキーでしかなかったので、夏山の景色がすごく新鮮であった。

時間があれば平瀬道をゆっくり歩いてみたい。

入渓からしばらくはゴーロを歩く。

7;00
転法輪谷出合

出合以降 少し滝が増えて来る。

温泉成分が入っているらしいが、水が白っぽく青い。
説明が難しいが、普通両サイドに木があるので、緑色に見えると思うが
ここの沢は青色に見える。
また岩に温泉成分?が白く沈殿していた。

1度この綺麗な水を見て欲しいと思う。

7:45
大きな滝が見えてきたのでハーネス装着

小さな釜
青色の水が美しい。どこかのリゾート地みたいである。

水中の撮影に成功した!

7:50
20m大滝


右岸から登る。
フリーで登ったが、少しいやらしい部分もあった。
最近クライミングをサボっているので、焦りました。

 

8:25
二段滝


左岸より登る。
途中で右に抜けた。直線上で上がった記録もあったが、上部がきつそう。

8:40
ボルダームーブが要求された滝

足の置き場が少ないかつ、めちゃくちゃ滑るので非常に難儀した。
Kさんは一発で登る。
「ジムには時々行ってる」との事・・・

数回挑戦してなんとか登る。

実は滝の正面からも突破を試みたが水圧が強すぎて諦めた。
水に真っ向から向かうNさん 強い!

そういえばNさんは時々釜で遊んだりもしていた。
私のそうであるが、この時期は寒い!!

私もトライしたが、やはり水圧が厳しい。
そしてとにかく寒い! この時点で身体はブルブル震えている。

9:45
白い釜を発見


温泉成分が多い所なのか?
ただし上部に行ってからは突然白く濁った水が見られなくなった。
温泉成分が出ている場所はどこなのであろうか?

11:00
登山道に復帰

平瀬道は初めて歩くが、予想以上にいい道であった。
是非読者の方にも歩いて欲しい。
登山者がそこまで多くなく、どちらかというと「静か」な登山道
それでいて綺麗に管理してあり、非常に歩きやすい。

室堂までも三時間ぐらいで着くそうなので、砂防ばかりという人は
岐阜県からの景色はどうだろうか?

12:38
駐車場

大白水谷は多くの記録で、綺麗な水とあったが
本当に綺麗だった。
天気も良く、沢から見上げる空の綺麗さといったら言葉にできない。

白山には素敵な沢が沢山ある。
この自然を守っていきたい。

[author_box label=この記事を書いた人]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email