コラム

【読書】脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち スラヴォミール ラウイッツ (著)

脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち スラヴォミール ラウイッツ (著)

 

シベリアからインドまでと聞いて「本当?なんかの比喩でしょ!?」と最初は私も思ったがどうやらこの本はノンフィクションであるみたいだ。

世界地図を開いて見ると分かると思う、まぁ今や世界地図をわざわざ開かなくてもグーグルを使えばすぐ見られるが。

とてつもない距離ということが分かる。

スラヴォミール ラウイッツは陸軍騎兵隊中尉であったがソ連に捕まり、シベリア送りにされてしまった。

そして脱獄してインドへ向かうという簡単に説明できてしまうストーリーである。

もちろんそんな簡単にではないし、読んで見ると分かるがとてつもなく濃いのである。

戦時中という事もあり、たくさんの理不尽な事が描かれており私も時々目を覆いたくなる描写も多々あった。

ラウイッツと仲間達が命を掛けて歩くそんな旅を是非みて欲しい。

残念ながら・・・いや幸運にも現在そういった旅など少なくっている。

本当に平和な世の中が一番であるし、維持していかなればならない。

そんな事も感じられる本であった。

人気記事一覧

1

目次1 沢登りへの準備1.1 沢用靴,シューズ1.2 靴下1.3 スパッツ1.4 ヘルメット1.5 ザック1.6 ハーネス1.7 ビレイ器1.8 カラビナ1.9 まとめ 沢登りへの準備 沢登りで必要な ...

2

湯檜曽本谷 沢登り 8月11-12日 【名渓】と知られる湯檜曽川本谷 休みを取れたので一泊二日で【名渓】に向かう。 湯檜曽川は、群馬県利根郡みなかみ町を流れる一級河川である。利根川水系の支流。「湯檜曽 ...

3

以前よりどうしても行きたかったザクロ谷。 完全遡行はかなり難しいので、今回は上部のみ遡行にチャレンジした。 9月14日 金沢5:30 大日平登山口7:10 から牛の首9時 牛の首からは非常に簡単にザク ...

4

岐阜県側から白山へ 平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。 ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。 魚なども生息してないでしょう。 今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさんと ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門