コラム

【こらむ】やまとなかま そのに

やまとなかま そのに ライター てんこ

 

てんこ:あの壁打ち指南のおじさんは健在なのでしょうか?

T:壁オヤジ(テニス壁打ち師匠)には、既に4年くらい会っていません。最後に壁に来ていたころには、長年のビッグサーブの影響で右肩を痛めていたようで、壁やコートに出てくる時には痛み止めの注射を打っていたようでした。

壁オヤジは会社員だったようなのですが、メジャーリーガーが受ける靭帯移植手術を肩に施すことを真剣に検討しており、当時壁で良く相談を受けていました。

肩靭帯の移植手術を行うと、3か月は肩を釣ったまま安静状態を保たねばいけないそうですが、プロスポーツ選手でもない会社員がやってもいいのか(首にならないのか)、仮に手術をしてテニスを続けられるようになったとしても、(当時おそらく60歳くらいの)壁オヤジがあと何年テニスを楽しめるのか、という重い悩みでした。

結局、決心した壁オヤジは、九州にあるプロスポーツ選手御用達のクリニックに旅立っていったまま、二度と壁に戻ってくることはありませんでした。その後、壁オヤジを中心として集まっていた壁テニス塾生(全員テニスおじさんです)と壁で出会う事がたまにあるのですが、なぜかよそよそしい感じで、あいさつする程度の距離感になっています。壁コミュニティの中で、如何に壁オヤジが重要な位置を占めていたのかという事を、壁オヤジがいなくなってから改めて感じています。今でも壁オヤジの教えをベースにして、30分の早朝壁打ちをやっていて、壁との対話を深めています。

 

人気記事一覧

1

目次1 沢登りへの準備1.1 沢用靴,シューズ1.2 靴下1.3 スパッツ1.4 ヘルメット1.5 ザック1.6 ハーネス1.7 ビレイ器1.8 カラビナ1.9 まとめ 沢登りへの準備 沢登りで必要な ...

2

湯檜曽本谷 沢登り 8月11-12日 【名渓】と知られる湯檜曽川本谷 休みを取れたので一泊二日で【名渓】に向かう。 湯檜曽川は、群馬県利根郡みなかみ町を流れる一級河川である。利根川水系の支流。「湯檜曽 ...

3

以前よりどうしても行きたかったザクロ谷。 完全遡行はかなり難しいので、今回は上部のみ遡行にチャレンジした。 9月14日 金沢5:30 大日平登山口7:10 から牛の首9時 牛の首からは非常に簡単にザク ...

4

岐阜県側から白山へ 平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。 ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。 魚なども生息してないでしょう。 今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさんと ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門