YouTubeもしていますので、是非ご覧ください。

石川県 大雪の恐れ

目次

石川県 大雪の恐れ

今日のニュースを聞いて驚いた。
能登でも10cm積もっているようである、しかも継続して加賀から能登までも降雪があるらしい。
これだけ降ればパウダースノーが楽しめるだろうと思っているスキーヤーが多いだろうと思っていたら早速スキー場に沢山集まっていた笑
ただ雪が多すぎてもまともに滑る事が出来なかった人も多いようだった。

強い冬型の気圧配置の影響で県内は断続的に雪が降っています。
このあとは加賀地方を中心に雪が強まって17日にかけて山間部を中心に大雪になるおそれがあり、交通への影響などに注意が必要です。

輪島市では、市街地でも10センチ以上の積雪となりました。
強風でふぶく時間帯もあり、視界が悪い中ヘッドライトをつけて車を運転する人の姿が見られました。
また歩いて職場などに向かう人たちも、マフラーや手袋で防寒をしたり、スーツ姿に長靴を履いたりして、しっかりと雪の対策をしていました。
こうしたなか県内では雪の影響とみられる事故が相次いでいます。
警察によりますと、15日夜8時すぎ、志賀町の「のと里山海道」西山パーキングエリア付近で、乗用車どうしが正面衝突する事故があり2人が重傷を負いました。
この事故を含め、県内では16日午前9時までの24時間に、15件の車のスリップ事故が発生し、3人がけがをしています。
県内は、強い冬型の気圧配置が続き、北陸地方の上空5500メートル付近にマイナス33度以下の今シーズン最も強い寒気が流れ込んでいるため、各地で断続的に雪が降っています。
午前11時の積雪は、珠洲市で36センチ、七尾市で16センチ、輪島市で13センチ、白山市河内で11センチなど、能登地方を中心に積雪が多くなっています。
また午前11時の気温は、白山市河内で0.5度、七尾市で0.6度、輪島市で0.8度、金沢市で3.5度など厳しい寒さになっています。
気象台によりますと、このあとも強い寒気の流れ込みは続くため、午後は加賀地方を中心に雪が強まり、17日にかけて山間部を中心に大雪になるおそれがあります。
17日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、加賀地方の平野部で25センチ・山間部で70センチ、能登地方の平野部で30センチ・山間部で40センチと予想されています。
気象台は、大雪による交通への影響や視界不良、電線や樹木への着雪、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。
出典 nhk

一気に降ると怖い

雪が一気に降ると事故が多発してしまうので要注意である。
少しづつ雪が増えていくと、雪の対応もしやすいが、一気に振られると雪への対応が出来ない。

山スキーも要注意

新雪が降ると怖いのは’雪崩’である。 雪が降ったからといって何も考えずに山へ行くのは大変危険であるのでしっかり注視したい。
筆者も小さな雪崩に遭遇した事があるがそれはそれは怖かった。
[st-card id=1897]

雪崩を体験すると、本当に人間には自然に敵わないと改めて感じる。
雪崩ギア スコップ・プローブ・ビーコンはあくまで万が一の為の道具であり、基本は危ないときには無理な滑走はしない事だと思う。

筆者使用のビーコン 練習は事前に行いましょう。


スコップの出番は多い。
雪洞掘り、ピットチェックなどに大活躍、雪道での出番も多い。

埋まってしまった仲間を見つけるのに欠かせないプローブ。
日頃から伸ばして使う事を練習しないと、とっさの時に使えないという事例が多い。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

酒と登山を愛するモンタナ君です。
陸上競技・海外在住などの経験を得て現在は一応自営業に携わっています。

初めて山スキーをした時の感動は忘れられません。
アルコールで記憶が消える前に、山スキーに行かなければ!!!

読書も好きなので、オススメ本教えて下さい^^

目次
閉じる