YouTubeもしていますので、是非ご覧ください。

山スキーで忘れ物

目次

山スキーで忘れ物

先日の立山ワンデイで忘れ物をしてしまった。
忘れたの物は
・防寒テムレス
・インナーグローブ
・バラクラバ
・水筒

家にそれらの入ったカゴをそっくり置いてきてしまった。
常にザックには予備の防寒テムレス・インナーグローブが入っているので、なんとか間に合ったが濡れてしまい使い物にならなくなってしまっては一気に死活問題になるので、単独行だったら敗退していたかもしれない。

バラクラバについてはネックウォーマーが持っていたののと、比較的優しい天候だったので無事だった。
ただ厳しい天候の場合バラクラバがないと本当に厳しいと感じる。
バラクラバを着けた時の安心感といったら本当に言葉にできない。

いつも白湯を入れた水筒を携帯しているのだが忘れてしまった。
山スキーの場合水を作る時間はないので、基本的に多くの水分を持っていく必要がある。
動いているときは良いのであるが、休憩時などは一気に体温が下がるので温かい飲み物が重要になってくる。
身体が冷えてしまうと充分にパフォーマンスも発揮できなくなってしまう。
今回はO田氏・髭男爵に少しわけて貰い非常にたすかった。

山スキーでの忘れ物は死に直結する
たまたま今回何事もなく帰って来ることができたが、天候が悪化していたら凍傷を起こしていたかもしれない。
自然には絶対人間は勝てないということを常に意識して準備しなければならない。
仮に充分すぎる準備をしても、重くなるぐらいで死ぬことはないのだから我慢しなければならないと思う。
とはいえ軽量化しなければ、厳しい事は皆さんも承知の事だろう。

バラクラバは絶対に必要


防寒テムレスは非常に優秀
もし防寒テムレスが不安であるならBDガイドを買おう


水筒は山専がオススメであるが、今はどれも優秀みたい


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

酒と登山を愛するモンタナ君です。
陸上競技・海外在住などの経験を得て現在は一応自営業に携わっています。

初めて山スキーをした時の感動は忘れられません。
アルコールで記憶が消える前に、山スキーに行かなければ!!!

読書も好きなので、オススメ本教えて下さい^^

目次
閉じる