コラム

登山アプリが人気? 怖いぞ!!紙地図・コンパス使え!勢

登山アプリが人気?

登山で道に迷ったらまずコンパスだ!という時代はもう終わったのかもしれない。
白山などの有名ルートに行けば誰も紙地図・コンパスをチェックしている人を見るのはツチノコを探すほどの難易度になっている。
登山アプリとはGPSアプリであり電波がなくても自分の位置が分かる、それでいて登山アプリでは登山地図も付いているので、現在どこの登山道にいるのか一目瞭然である。
このアプリを使えば、ガスがかかって視野が悪くなっても冷静に対応できるだろう。
筆者はヤマレコ(筆者のページ)を愛用している、登山が始まると同時にログを残す為にアプリを起動する。
登山途中でアプリを確認すれば今どこにいるのか、これからピークまでどれほど時間がかかるのか一瞬で分かる。
これが便利だと言わない理由を探すのは本当に難しい、是非使うべきだ。

コンパス・紙地図使え勢

若者・登山初心者がGPSを頼りにしていると「GPSに頼ってはダメ!紙地図・コンパスを使いなさい!」という人たちが出てくる。
ドラクエで言えばベホマスライムほどのエンカウント率でそこまで頻繁ではないがそこそこである。
つまりGPSは悪であり紙地図・コンパスが正義というスタンス。
もちろん紙地図・コンパスが使える事に越した事がないが、使いこなす為にどれほどの時間を費やす必要があるだろうか?それならGPSを活用した方がいい。

GPSは地図読みの味方

GPSが地図を読めない人を増やしているという意見を聞くが、それは違うと思う。
そもそも登山をしていて現在地を紙地図・コンパスだけで割り出すのは非常に難しいだろう。
果たしてGPSを非難する方の中でどれほどいるのだろう、個人的な経験としはGPSを非難している人に限っていつもリーダーに任せてばっかりの人が多い。
GPSがあれば現在地が容易に分かるのでいつでも紙地図・コンパスの練習ができる、そんな前向きな意見が必要ではないのだろうか。
別にGPSが紙地図・コンパスを駆逐しようとなど思っているのではない、共に安全な登山の形を目指している。

 

ヤマップは、登山アプリ「YAMAP」が200万ダウンロードを突破したと9月23日に発表した。  YAMAPは、2013年3月に提供を開始したスマートフォンに搭載されているGPSとオリジナルの地図をマッピングすることで、電波の届かない山の中でも自身の現在地と行き先が分かるアプリサービス。  高価な登山用GPSがなくても、山での遭難や道迷い事故を防げるサービスとして登山者から信頼・評価されており、200万ダウンロードは国内登山人口の約3割に相当し、登山アプリとしてのシェアが国内トップとなる。    そのほか、ヤマップでは8月にYAMAPユーザーの軌跡データから新たな登山ルートを抽出・地図に反映して、新たな登山道を提供する取り組みを開始したほか、登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」や、1日単位で入れる「YAMAP登山保険」など、関連事業も前年比+200%以上のペースで急成長している。
BCN

人気記事一覧

1

目次1 沢登りへの準備1.1 沢用靴,シューズ1.2 靴下1.3 スパッツ1.4 ヘルメット1.5 ザック1.6 ハーネス1.7 ビレイ器1.8 カラビナ1.9 まとめ 沢登りへの準備 沢登りで必要な ...

2

湯檜曽本谷 沢登り 8月11-12日 【名渓】と知られる湯檜曽川本谷 休みを取れたので一泊二日で【名渓】に向かう。 湯檜曽川は、群馬県利根郡みなかみ町を流れる一級河川である。利根川水系の支流。「湯檜曽 ...

3

以前よりどうしても行きたかったザクロ谷。 完全遡行はかなり難しいので、今回は上部のみ遡行にチャレンジした。 9月14日 金沢5:30 大日平登山口7:10 から牛の首9時 牛の首からは非常に簡単にザク ...

4

岐阜県側から白山へ 平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。 ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。 魚なども生息してないでしょう。 今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさんと ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門