髭男爵とボブマーリーとボブディラン

髭男爵とボブマーリーとボブディラン

前回井谷へユーチューバー髭男爵と沢登りに行った。ユーチューバーと言うことで’髭男爵’と表記する。
[st-card myclass=”” id=”3006″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

集合して入渓するも、まだ暗くてどのような人か分からない不安があった。
0600を過ぎると明るくなってきて改めて自己紹介。
ヘルメットを取った髭男爵を見るとボブマーリーかと間違えるほどの立派な髪型であった。
ただ・・・ここからがおかしいのである、筆者の頭の中でボブ・ディランの’風に吹かれて’が爽やかに流れている。
頭がバグっているのか? 少し奇妙な体験をした。
そもそもボブマーリーの曲なんて頭で再現できる訳ないのだから、勝手に脳が’名前が似てる奴の曲流そうぜ’ってなったのだろうか?
人間というものは本当に奥深い。

そういえば筆者が外国に住んでいた時、休日にクラブへ行ったものであるが。
確かモニターにボブマーリのMVかライブ映像が流れており、立ち止まってみているといきなり知らない人が来て
「見てみろよ!彼は目をつぶって歌っている。そう!魂で歌っているんだぜ!ハハハ!!!」と何故かドヤ顔された。
そんな事言われても特にレゲエを始め音楽やダンスに興味がない筆者が黙ってやり過ごしたのである。
それが原因で筆者の脳はボブマーリに拒否反応を起こしてしまったのではないだろうか。
まさか沢登りでこんな事を思い出すとは、人生分からないものである。

手先が不器用なモンタナ君です。 モンタナスポーツの広報としてお手伝いさせて頂いております。 美しい雪景色をみながら自分だけのシュープールを描きませんか?