コラム

トレランのマナーについて 高尾マナーズ

トレランのマナーについて 高尾マナーズ

最近トレランをしていないので、最近のトレラン事情を知るためにニュースを探っていた。
一つ面白い記事があったので今回はそれについて書いていきたい。

高尾マナーズ

日本の首都東京には、年間260万人という世界一の登山者総数の、そしてミシュランガイドで3つ星(わざわざ訪れる価値がある)をつけられた高尾山があります。新宿から特急で40分とアクセスが便利でありながら、ムササビをはじめ多くの希少動物が生息する自然豊かな国定公園であり、また中腹の薬王院には薬師如来と、天狗で知られる飯縄権現が祀られる東京屈指の霊山にもなっています。

このような背景から、高尾山とその周辺のトレイルを多くの観光客、ハイカー、遠足の小学生、自然観察の中高生たちが利用していますが、近年トレイルランナーも増えてきました。ランナーの中には何もわからない初心者や、トレーニングのために走る陸上部の選手もいます。

そこで、高尾とトレイルラニングを愛するわれわれは「高尾トレイルマナー向上委員会」を立ち上げました、通称「高尾マナーズ」です。

以前からトレラン界で高尾山でのトラブルが多いと話は聞いていたが・・・’マナー向上委員会’という組織が必要になってしまったのか。
確かに今まではトレランという言葉だけが流行ってしまい、ルールやマナーという物は置いてきぼりになっていたのだろう、こういった組織がしっかり情報発信する事によってトレイルランナーだけではなく、登山道を歩く方々にも有益な情報になる。
身内だけで決め事しても意味がない
トレイルランナーにももちろんハイカーに配慮しよう!という動きは広がっているが、それがトレイルランナーだけに共有されても意味がなく感じる。 やはりハイカー達に共有する事によって「トレイルランナーは速く走る人って事か」と認識していくだろう。
一方向の情報発信ではどうしてもズレが生じてしまう。
しっかりハイカーにトレイルランナーの活動理念等を理解(発信)していくことが大事である。

なぜハイカーが多い登山道を走るのか?

筆者が以前から思っていたことであるが、トレイルランナーはハイカーが多いと分かっている時期でも有名な登山道を走っている。
いろんな登山道があるから、人通りが少ない登山道を走るのはいかがだろう?

われわれはまず、マナーガイドを作りました。ハイカーや観光客に、また高尾の自然に迷惑をかけることなく、互いに気持ちよく、安全にトレイルを利用するためのマナーガイドです。裏面にはハイカーや観光客に出会うことの少ない、おすすめトレイルを紹介しています。

このような活動がもっと活発になれば不毛なトラブルは減るのだろう。
トレイルランナーが今まで不人気な登山道を走り、今では大人気な登山道になりましたという夢を見ても面白いかもしれない。
そしてトレイルランナーが自ら登山道を整備したりといった山を利用するだけではなく’守る’という立場に変われば今まで敵対していた人達の意識は大きく変わる可能性もある。
トレイルランナーはまだまだ歴史が浅いので、しっかり会話を大事にしていなければならないだろう。

情報を誰がどう発信していくのか?

マナーガイドは、われわれの活動に賛同してくれている団体を通じて配布されています。また、月に一度週末、不定期ですが京王線・高尾山口駅駅前でランナーのみなさんに配布しています。加えてマナー啓蒙のために、トップランナーを招いて、マナー講習会、トークショーなどのイベントも開催しています。これらは日程が決まりしだい、このHPやFacebook「高尾マナーズ(高尾トレイルマナー向上委員会)」でお知らせしています。

いくら1人のトレイルランナーがマナーの事で大声を出しても世の中は全く動かない、そこは知名度があるランナーに情報発信してもらうしかない。 上記のようなイベントはとても良い試みだと感じるし、もしかしたらトレイルランナー以外の方にも参加してもらえるかもしれない。
どんな形でもありトレイルランという種目・ジャンルを色々な人に知ってもらう事以外に前進はない。

筆者も好きなトレイルランニング
これからも登山と一部として残って行けるために活動していきたいと強く感じている。

 

人気記事一覧

1

目次1 沢登りへの準備1.1 沢用靴,シューズ1.2 靴下1.3 スパッツ1.4 ヘルメット1.5 ザック1.6 ハーネス1.7 ビレイ器1.8 カラビナ1.9 まとめ 沢登りへの準備 沢登りで必要な ...

2

湯檜曽本谷 沢登り 8月11-12日 【名渓】と知られる湯檜曽川本谷 休みを取れたので一泊二日で【名渓】に向かう。 湯檜曽川は、群馬県利根郡みなかみ町を流れる一級河川である。利根川水系の支流。「湯檜曽 ...

3

以前よりどうしても行きたかったザクロ谷。 完全遡行はかなり難しいので、今回は上部のみ遡行にチャレンジした。 9月14日 金沢5:30 大日平登山口7:10 から牛の首9時 牛の首からは非常に簡単にザク ...

4

岐阜県側から白山へ 平瀬から遡行する大白水谷へ行ってきました。 ここの水は温泉成分が含まれているので、水が白く濁っています。 魚なども生息してないでしょう。 今回はKさんと沢上谷で知り合ったNさんと ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門