YouTubeもしていますので、是非ご覧ください。

白山 小学校で「海の安全教室」

目次

白山 小学校で「海の安全教室」

このニュースを見て、良いなと心底感じた。
筆者が幼い頃は先生や親に何となく「海や川は危険!」と教えられていたように感じる。
この小学校のように海保の方にしっかりした説明・事例を教えてもらうとより真面目に対策しなけばと思うのではないだろうか。

ただ相手は小学一年生 どれだけ頭で理解しているのだろうか?
筆者は大人になり、ようやく水の危険性について考えたのだから、小さい子には難しい問題かもしれない。

やはり子供の水難事故を防ぐには周りの大人がしっかり見守るしかないのだろう。
事件が起きても子供に責任はないのだから。

夏休みを迎える子どもたちが海で遊ぶときの注意点などを学ぶ教室が、白山市の小学校で開かれました。

海の安全教室は、金沢海上保安部が白山市立北陽小学校で1年生73人を対象に開きました。
海上保安部の担当者は、子どもたちに海に入るときは必ず大人と一緒に離れないようにしたり、流された浮き輪などを無理に追いかけたりしないように呼びかけていました。
このあと、子どもたちは、海には急に深くなる場所があるなど、泳ぐときの注意点をクイズ形式で答えながら、確認していました。
参加した小学1年生の男の子は「海には深いところがあって危ないので、大人と一緒に行くようにします」と話していました。
金沢海上保安部の土田康二交通課長は「ことしは新型コロナウイルスの影響で海水浴場が開かれないところもあり、監視員がいない場合は、危険なので十分注意してほしい」と話していました。
出典 NHK NEWS WEB

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

酒と登山を愛するモンタナ君です。
陸上競技・海外在住などの経験を得て現在は一応自営業に携わっています。

初めて山スキーをした時の感動は忘れられません。
アルコールで記憶が消える前に、山スキーに行かなければ!!!

読書も好きなので、オススメ本教えて下さい^^

目次
閉じる