コラム トレラン

トレイルランナーが守らなければならない三つの事

トレイルランナーがトラブルとなっているという記事を書いたのだが、ではどうすればいいのであろうか。

トレイルランナーが守らなければならない三つの事
1. 人混みを避ける
2.下りは基本的に走らない
3.人が見えた段階で走るのをやめる

1. 人混みを避ける

何故かわからないが、人気な登山ルートにもトレイルランナーは出没する。
その時点でトラブルが起きる可能性がすでに高い。
歩くスピードと走るスピードは全く違うので、歩きの登山者からすれば恐怖以外での何者でもない。
歩道を歩いている最中に後ろから自転車が猛スピードで追い越していったら恐怖を覚えるだろう、それと全く同じ事が登山界に起きている。
とにかくトレイルランナーは人混みを避けて走る必要がある。
混雑する登山道に行きたいのであれば、走るを辞めて歩く事を選択すべき。
登山道は決して1つではないし、人気の山でも過疎っている登山道はあるので積極的にそんなところへ足を運んでみては如何だろうか。
そのついでに登山道整備等の活動を続けて行けばきっとトレイルランの印象も良くなっていくはずだ。

2.下りは基本的に走らない

登山者は後ろから走ってくるトレイルランナーの存在にはなかなか気づく事はできない。
登りであるならスピードがあまりないしトレイルランナーが声をかければそれなりに登山者も反応しやすいし挨拶が耳に入ってから行動するまでの猶予がある。
下りの場合は違う  スピードが早いのでいくら声を掛けたとしても、登山者はすぐに反応できないまま迫り来る
トレイルランナーに姿に驚いてしまい、転倒や衝突などが起きてしまう。
筆者も時々友人とゆっくり登山道を歩く事もあるが、歩く最中は景色を見たりしているのでそこまで他人に気を使っている余裕はない。
なおのこと登山初心者にとっては歩くだけですら大変で前すら見るのがしんどくて下を向いて歩くのが精一杯かもしれない。
そんな初心者登山者にまでトレイルランナーが後ろから通るから少しどいてくれないか?と言えるだろうか?
それよりもしんどそうな方が歩いていたら一言声を掛けて元気付けるような姿勢の方が速く走るよりかっこいいと思う。
前を行く登山者は同じ頂を登る仲間なのだから。

3.人が見えた段階で走るのをやめる

2番と重複するのであるが、トレイルランナーが走っていると他の登山者が萎縮してしまう場面がある。
「追い越す時は歩いています」なんて言っても、近くなっていきなり走るのを辞めて歩かれても・・・急かされているようにか感じられない。
またトレイルランナーは気にしていないかもしれないが後ろから走ってくると「ザザッ」と走る音がするので背後でいきなり音がすると恐怖を覚えるのである。
出来る事であれば登山者が目に入った段階で走るのを辞めてゆっくり歩きながら追い越して、それから走り始めては如何だろうか?
もちろん人が多ければ走ったり止まったりでまともにランニングはできないだろう。
それが面白くなければ、辞めるしかない。

人気記事一覧

1

スキーで槍ヶ岳に行ってきました。 先週の四ツ岳もすごく楽しかったのですが、なんかもっと歩きないなぁとは思っていたんです。 山岳会の例会で会長も日曜日時間が空いているの事 今年の会長は立山も行っているか ...

2

先日焼山に挑戦したのだが惜しくも登頂出来なかった。 間違えてh=2260に上がってしまい敗退となった、後日友人よりジョニー君ピーク経由で焼山へ行ってきたとLINEが来た 全く私の名前がピークに付けられ ...

3

手の怪我が完治したので、2週間振りに山へ行った。 白山に行く予定だったが、天気があまり良くないので頸城まで足を運び焼山を狙う。 焼山北面大地 以前から焼山へ行きたかったし、山岳会の会長からも誘われたの ...

4

記録的小雪のお陰でどこのスキー場も悪戦苦闘しているようだ。 今日は豪雪地帯で有名な白川郷に行ってきた。 本来は1人で行く予定だったのが、同じ山岳会のT氏が三方岩岳に行くという事なので 一緒に同行させて ...

5

めっこ山岳会の偉大な先輩達が立山に登っていた。泊まりであるが、素晴らしい。アルペンルートを全てスキーハイク事を考えるだけで頭痛がしそうだ。ペーペーな筆者などが、先輩方に容易く内容を聞くなんて失礼なので ...

-コラム, トレラン

© 2020 Powered by AFFINGER5