山スキー

夏山開き前に白山で火山防災訓練

いよいよ7月1日に夏山開きが行われる。
白山が好きな方は平日でも休みを取って登りにいくのだろう。

今回気になったニュースとして、夏山開き前の防災訓練である。
白山には火山活動が見られるのでいつどうなるか本当に分からない、だからと言って登山を辞める訳にもいかないのが現実である。
1人1人危機感を持ち、しっかり登山届け等を出して頂きたいと願うばかりだ。

そしてしっかり何かが起った時に対しての対応の訓練をしてくれている行政に感謝しなければならない。
登山は登山者だけでは成り立たない。コロナを通じて一層強く感じるのではないだろうか。

7月1日の夏山開きを前に、白山の火山活動が活発化したという想定で、登山道の規制や下山者の無事を確認する防災訓練が行われました。

この訓練は、白山の石川県側の主な登山口、別当出合で行われ、県や白山市の職員などおよそ30人が参加しました。
訓練は、白山の火山活動が活発化し、火口周辺2キロで規制を行う噴火警戒レベル2に引き上げられたという想定で行われ、午前10時過ぎに警戒レベルが引き上げられると、職員たちが登山道を規制するため「全面通行止め」と書かれた看板を設置していました。
また登山者には、火口周辺で噴石が飛んでくるおそれがあるとして下山を呼びかけ、登山口で名前や住所などを書いてもらい無事避難できたかを1人1人確認していました。
石川県・危機対策課の野崎陸朗担当課長は「感染症対策のほか、登山届を出すなどの安全対策をとって、白山登山を楽しんでほしい」と話していました。
白山では、6月19日に195回の地震を観測しましたが、気象庁は噴火警戒レベル1を継続し、活火山であることに留意して今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。
引用元 https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20200629/3020005307.html

人気記事一覧

1

スキーで槍ヶ岳に行ってきました。 先週の四ツ岳もすごく楽しかったのですが、なんかもっと歩きないなぁとは思っていたんです。 山岳会の例会で会長も日曜日時間が空いているの事 今年の会長は立山も行っているか ...

2

2020.1.11 天気が良いという事で白山に行ってきた。 前回・前々回とシールトラブルにて、引き返すことになってしまい、個人的にも悔しいし、仲間に迷惑をかけて申し訳ない気持ちが会ったので、今回は気合 ...

3

2020年は記録的暖冬と言われている。 だからといえ家でぬくぬくだらだらとしてはいられない。雪がある所へ行くしかないのである。 石川県内では白山しかない。筆者は谷峠にも車を走らせたが、例年に比べると全 ...

-山スキー

© 2020 ジョニーの登山入門