コラム

新たな感染者なし 新型コロナで石川県発表

石川県では一時期コロナウイルスが猛威を振るっており、県内の皆がコロナウイルスに怯えていたのが遠く昔になったように思える。
東京では引き続き二桁の感染者が確認されているが、県内では感染者は確認されていないとのこと。

登山はどうなるのか?

筆者の意見としては登山においてクラスターが発生するとは考えずらいし、個人的にはどんどん登山はしていいという考えである
しかしながらもし登山で感染が発見されてしまった場合誰かが不利益というか責任を負う必要性が出てくる。

責任を負う必要性があるとなれば、登山する方も減る可能性も出てくる。
つまり登山だけではなく何かをするにあたって、皆何が怖いかというと責任が発生するのが怖いのである。
本来国民皆協力して、誰が感染しても優しく接してすべきであるだろうが実際はそうはならない。
現代社会では感染者がネットで叩かれるのである、それも厳しく・・・

そのような背景の中で登山を始め多くのレジャー・スポーツがどうやって活気づいていくのかなと感じている。
ネット社会も助け合う事ができるのだからネットを活用して皆前を向いて行きたいものである。

石川県は24日、県内で新たな新型コロナウイルスの感染者は確認されなかったと発表した。県内の感染者は累計300人、死者は27人となっている。
引用元 https://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20200624003.htm

人気記事一覧

1

スキーで槍ヶ岳に行ってきました。 先週の四ツ岳もすごく楽しかったのですが、なんかもっと歩きないなぁとは思っていたんです。 山岳会の例会で会長も日曜日時間が空いているの事 今年の会長は立山も行っているか ...

2

2020.1.11 天気が良いという事で白山に行ってきた。 前回・前々回とシールトラブルにて、引き返すことになってしまい、個人的にも悔しいし、仲間に迷惑をかけて申し訳ない気持ちが会ったので、今回は気合 ...

3

2020年は記録的暖冬と言われている。 だからといえ家でぬくぬくだらだらとしてはいられない。雪がある所へ行くしかないのである。 石川県内では白山しかない。筆者は谷峠にも車を走らせたが、例年に比べると全 ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門