カリカリ斜面にご用心

カリカリ斜面にご用心

先日の弓ヶ洞はカチンコチンの斜面だった。


しっかりエッジをメンテナンスしていないと、まともにターンができない。
筆者の板はモンタナの社長が丁寧に研いでいるので、しっかり曲がれたが他の二人は曲がれていなかった。
山スキーでの転倒は命に関わるので、是非チューンナップはプロにお願いした方がいいと思う。

板が奇跡的に止まった

 

このまま板が下まで流れていたらと思うとゾッとする。
キングピンでブレーキが付いているからリーシュを付けなかったと思うのだが、やはりリーシュコードはブレーキ有無別として必須と考えて良いのかもしれない。

転倒した際にトゥピースの沈んだまま外れていて、戻すのに少し汗をかいた。

この斜度でカチカチの斜面
厳しい事は確か

 

今回の転倒をただのトラブルとは捉えずに、次回の山行へ活かしていきたい。

 

 

手先が不器用なモンタナ君です。 モンタナスポーツの広報としてお手伝いさせて頂いております。 美しい雪景色をみながら自分だけのシュープールを描きませんか?