コラム

山スキーと非日常感

山スキーに行くと普段では見る事が出来ない景色が見る事ができるし、冬山をする人も人口的には少ないので
なかなかレアといえる体験ができる。

非日常感が日常?

普段の生活では得る事の出来ない感覚であろう。
山の写真を後ほど見ると改めて素晴らしい所に居たんだなと思う事が多々ある。
テクノロジーが発達した現在では新しい物が毎日の様に開発され、古いものは淘汰されている。
皆新しい情報の事で頭がいっぱいである。
だが山はどうだろうか? コロナウイルスで世の中が混乱していても雄大かつ静かな姿を変えない
もはや普段の生活こそが過剰な変化を求めている非日常かもしれない。

レアな体験

レアな体験と上記で書いたがそれは本当にそうだと思う。
人があまりいない冬山を滑るのは気持ちが良いものであるし、病みつきになってしまう。
レアな体験とは必ずしも山でなければならないということでもないので、飲み会・ショッピング等でもその様な体験はできるのかもしれない。
ただ筆者は今の所山を通していろんな体験を経験したいと思っている。

厳冬期白山は美しいの一言

人気記事一覧

1

スキーで槍ヶ岳に行ってきました。 先週の四ツ岳もすごく楽しかったのですが、なんかもっと歩きないなぁとは思っていたんです。 山岳会の例会で会長も日曜日時間が空いているの事 今年の会長は立山も行っているか ...

2

2020.1.11 天気が良いという事で白山に行ってきた。 前回・前々回とシールトラブルにて、引き返すことになってしまい、個人的にも悔しいし、仲間に迷惑をかけて申し訳ない気持ちが会ったので、今回は気合 ...

3

2020年は記録的暖冬と言われている。 だからといえ家でぬくぬくだらだらとしてはいられない。雪がある所へ行くしかないのである。 石川県内では白山しかない。筆者は谷峠にも車を走らせたが、例年に比べると全 ...

-コラム

© 2020 ジョニーの登山入門