あっこの駆け出し山っ子 〜長ズボン半ズボン編〜

山へ行く時って、 長袖長ズボンだと信じてました。

とにかく肌を見せないというのが セオリーだと思ってました。
しかし最近どうですか?
何処の山へ行っても、 そこそこ高い山だとしても お構い無しにいらっしゃる、トレイルランナーの人達
『それって、アンダーウェアだけなのか?』と思ってしまう笑

私もトレイルランニングをしてるんですが、セオリーを守って肌は見せてなかったのです。
しかしながら山で彼等と挨拶を交わし後ろから見る、走り去る姿に心踊らないわけがありません!
私も少し山で肌を見せてやろうか!!

という事で!
私も大会でデビューすることにしました。
山で肌を見せるという、 なんとも言えない背徳感。 いざ、走ってみると 身軽!汗すぐ乾く!開放感! 涼しい!快適じゃん!
と思っていたのですが、甘かった。
大会後、4日目には かぶれに虫刺されで 腫れと痒みの荒行が待っていました。

結論、セオリーは正しかった。

登山部だった友人に話してみると 『当たり前だ、あたしなんてニッカーボッカーだ』 最近はもっと安価でいいのいっぱいあるよ。
だけど、逆に凄いお洒落な人に見えるかもしれないと言ったけど、 もとい。
そのニッカーボッカーはツギハギだらけだった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です